おおきくなったよ

平成29年4月に認可保育所として新たにスタートし、入園・進級と新しい環境になってからもうすぐ1年が経ちます。この1年でたくさんの成長をみせてくれた子どもたち。ハイハイだった子が歩けるようになり、単語だった言葉が文でつながり、会話をするようになりました。そして一人遊びからお友達と遊ぶ楽しさを知り、自分のことを「自分で」と身の回りのことができるようになりました。お手伝いを進んで行ったり、小さい子に優しく声を掛けたり、その成長はひとりひとり違い、とても頼もしい姿です。
異年齢で過ごす中での学びも大きく、年上のお友達の姿から、ボクもワタシも「やってもみよう」という挑戦する力や、小さい子が困っていたら「どうしたの?」「大丈夫?」と思いやる心が育ち、それが生きる力の基盤になっていく。そんな風に自分が関わってもらった経験が今度はまた、誰かにつながり、“ひと”と“ひと”の関わりが広がっていく。来年もまたどんな姿をみせてくれるか楽しみです。写真は3月のマンション文化祭に出展した全学年合同作品です。