夏の雨といえば!

雨降りの日が多く、戸外であそべない日が続いています。なので、少しの時間でも雨が止んでいれば「降ってないよ!お外行く?」保育者が声をかけます。もちろん公園には大きな水たまり。そんな公園を選ぶのか、電車コースや商店街を選ぶのか、そこは気温で判断です。

気温が高めであれば、帰園後の準備を万端にしてから、いざ公園に!子どもたちが大好きな水たまりでの遊びを、当園では惜しみなく行っています。濡れたら温かいシャワーを浴びればいいし、汚れたら着替えて大人が洗濯を頑張ればいい。出来るだけ降園までに渇くように頑張っていますが、保護者の皆様のご理解・ご協力をいただいています。多少の周囲の目は気になるものの、「また行こうね!」と保育者もまたキラキラした目で子どもたちと話していました。

子どもたちの「やりたい!」を最大限尊重し、保育者も一緒にワクワクする保育。本気の「楽しかった!」が保護者の方にも伝わったことと思います。